五代目 杵屋 勝松 Kineya Katsumatsu

経歴


プロフィール

1962年生まれ 8才の頃より三味線を始める。
民謡、端唄を藤本秀輔(現、西英輔)師に師事、その後初代藤本秀丈師の内弟子となる。
12才で長唄 二世杵屋勝招師に師事。『杵屋勝招也』の名を授かる。その後、七代目家元杵屋勝三郎、杵屋勝国両師に師事。小唄を二代目宗家 小六史希子に師事、『小六史希也』の名を授かる。又、小唄を千紫家元 千紫千恵師、哥沢を六代目家元 哥沢芝金師、一中節を菅野序恵美師にそれぞれ師事。
長唄 かつね会主宰
江戸端唄、俗曲 鶯聲会主宰

1998年江戸端唄鶯聲流創立

2005年 五代目杵屋勝松を六十六年ぶりに復活、襲名する。

又、歌舞伎俳優の坂東玉三郎丈の地方(じかた)を勤め、市川海老蔵丈の立三味線も勤めている。

歌舞伎座、国立劇場、京都南座、NHK、ラジオ等でも活躍中。

実績

1989年 坂東玉三郎丈、中村勘三郎丈、市川猿之助丈等とヨーロッパ歌舞伎公演、
坂東玉三郎丈とロンドン公演、長唄ヨーロッパ公演等に参加。
その他、多数の舞台、演奏会出演。
2005年 京都南座 坂東玉三郎舞踊公演において、中村獅童の「雨の五郎」の立三味線を勤める。その他、多数の舞台、演奏会出演。
2006年 大阪松竹座 新春大歌舞伎において、市川春猿、市川段治郎、市川猿弥の「娘七種」の立三味線を勤める。

その他、多数の舞台、演奏会出演。
アメリカ・チャールストンで行われた「スポレトフェスティバル」、シンガポールで行われた「シンガポール祭」、ニューヨークで行われた「リンカーンセンターフェスティバル」にシンガポール人演出家の
オン・ケンセン氏の依頼にて弾き唄いで出演。

三味線中央 五代目杵屋勝松
京都南座 中村獅童「雨の五郎」 撮影 篠山紀信